読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れれれらいふ

れれれのれーと言いながら笑って暮らしたい。

イギリスとフランスのアロマテラピーって違う

アロマテラピーのこと

タイトルにもあるようにたしゅみである自分。

その中の一つにアロマテラピーがある。

もともとは独学でAEAJ(日本アロマ環境協会)の

アロマテラピー検定1級に合格し

同協会のアロマテラピーアドバイザーになった。

その後は、アドバイザーを返上してしまったので

今はただの1級保持者。

返上したのは自身がその資格を持って何か

仕事に役立てるということがなかったことと

今はNARDという別のアロマテラピー協会での勉強をしているからだ。

どっちが上だ下だではなく、方向性の違いだ。

AEAJは、イギリス式

NARDは、フランス式である。

国が違うだけで何が違うと聞かれるところだと思うので

簡単に説明すると以下のようになる。

 

フランス式

目的は治療や医療。

精油は医薬品のような効果があると認知されている。

条件や目的により1%〜原液で使用する。

方法としては皮膚塗布、経口投与、座薬、吸入などがある。

精油の内容成分を明らかにしたり

医療面での臨床データが豊富である。 

 

イギリス式

目的はリラクゼーションや美容。

精油は植物油などで希釈して

低濃度のマッサージオイルとして使用したりする。

精油に直接触れることはしない。

嗅覚刺激やマッサージオイルにすることが主となる。

研究的にも香りについてやマッサージとの併用や応用などが多い。

 

 

(初めて見出し使ってみた!)

上記が大まかに違う部分である。

今でもどちらのイベントやシンポジウムにも参加しているが

主にはNARDを勉強している。

かなーりのんびり勉強しているが、

そろそろ試験を受けるので内容を覚えなければならない。

前回は一度敗戦している。

メディカルアロマということもあり

成分を覚えるのに苦戦を強いられている。

いまは大学や院が落ち着いていることもあり、

仕事のピークがすぎるのを待って一気に覚えてしまおうと思う。

後々に一部はブログに書きながら覚えようと思っている。

 

会社の忙しさに振り回されている時に

自分の好きな匂いを嗅ぐことで癒されるひととき。

そして、そこにプラスアルファで効果も付加されているとなると

なんだか得した気分である。

精油も奥が深く、まだまだ自分は本格的に勉強を数年の

序の口に立ったくらいで語るほどではないが。

 

さてさて、ブログの中身が煩雑化してきたので

カテゴリ分けをしたいと思っている。

だが、やる気が起きてこないので、

やる気が本気ででたらやろうとおもう。

土日でだいぶ生活習慣が夜へ転じてしまっているので

また明日から昼間の人間になれるよう、改めることにしよう。

 

 

広告を非表示にする