読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れれれらいふ

れれれのれーと言いながら笑って暮らしたい。

誰の友にもなろうとする人間は、 誰の友人でもない。

ヴィルヘルム・ペッファーさんの言葉。

ドイツの植物学者らしい。

 

友達という関係だけを求めても

どこまでの付き合いをする人が友達で

どこまでが知人で、どこからが親友かなんて

その人の感覚でしかない。

ただ同じ飲み会にいただけで、知人と思っていても

相手は友達と思っていたり。

こういう関係になりましょうと

言い合ってなるものでもない。

SNSを付き合い程度にしていて思うけど

友達の友達らしき人から申請をもらっても

つながったところでどうするんだろうと感じてしまう。

ブログなどで考えを共有して、共感するのとは

また違うし、完全なプライベートだがリアルな部分が大きい。

全く知らない人にリアルなプライベートを共有したいとも思えない。

投稿自体ほぼしてないけど。

人個人の感覚だから、相手が友達になりたいと思うことは否定しない。

けど、自分は繋がらないかな。

 

そう考えるとブログというのは、

相手が想定できない分、バイアスなく

自分の判断で選んで読むことができるのがいい。

その中で共感したことや相手の記事が役立ったことを

伝えることが出来る。

 

昔はたくさんの知り合いがほしくて、

土日は毎週のように外出していたけれど、

今はまったり自宅で怠惰に過ごすのも悪くないと思えるようになった。

がむしゃらに勉強する日があってもいいし

ネットをし続ける日があっても良い。

それで付き合いが悪くなったと言って、

離れていく友達なら、元から友達じゃないんだと思う。

何をしてくれたから友達なわけじゃない。

自分が必要そうだなと判断すれば力になるし。

 

そんなワガママで変わり者な自分と

10年前から、はたまた10年後も一緒にいてくれるであろう

友達や家族をもてたことに感謝する今日このごろ。

今後も大切にしていければ本望である。

 

広告を非表示にする