読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れれれらいふ

れれれのれーと言いながら笑って暮らしたい。

今日の成果は過去の努力の結果であり、未来はこれからの努力で決まる。

稲盛さんの言葉。

 

まだ大学院からの面接結果は届いていない。

まぁダメだったら来期入学を独自で目指すから良いか。

とりあえず、今の大学を早く卒業しなければ。

スクーリングが決まっていないので

この点が手続きが必要なところ。

行きたいところがいまいちないけど、とりあえず出ないと。

 

通常授業では3科目を取得予定。

全然関係のない分野も仕事関係で履修。

最近は家にいる時間が少なかったから4月からは

もっと土日を家にいる時間に当てようと思う。

 

面接も試験もそうだけど、今までの結果が出せる日がきても

それまでに積み上げたものがないと出せるものもない。

積み上げてても当日の緊張とかで本気出せないこともある。

それも緊張への今までの対策が足りなかったって結果なんだよな。

自分がよく使うセリフだから、よくわかるけど

「緊張してうまくいかなかった」って

確かに緊張したって事実はあるけど、

では緊張するとわかっていて事前に何かしただろうか。

 

そう考えた時に羽生結弦くんがインタビューで

言っていたという言葉が身にしみた。

 

自分の緊張を認める。

 

緊張するのは仕方ない。事前に練習したって緊張する。

だったら、その緊張を認めて、どう対応するか。

それ次第なんだ。

自分は今後も「緊張してうまく行かなかった」と

言うだろうけど、これを意識することで

「緊張してしまった」と「うまく行かなかった」

 をイコールにしないように意識を少しでも変えていけたらと思う。

 

 

広告を非表示にする