読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れれれらいふ

れれれのれーと言いながら笑って暮らしたい。

言いにくいことを上手に伝える

仕事のこと

定時上がり確定とおもいきや

定時数分前に、イベント発生。

見捨ててはいけない雰囲気の人を何名か発見。

心を鬼にして、助けを求めに来た人だけ対応。

ほんとに今日じゃなきゃいかんのかい?

と聞くが、なぜか今日と言ってゆずらない。

 

考え方と元になる内容だけ教える。

急いだ頭ではうまく文はでてこない。

すべて日本語で説明。

 

他にも苦しそうな人がいたが、今日は無理と

自分のタスクだけ終わらせて去る。

いや明日なら大丈夫とかじゃないけどさ。

明日で良いことは今日残ってまでやりたくないぜよ。

 

明日やれることを今日やることで明日新しいことをする

 

その考えも良いとは思うけど、しなくてもいい時は

したくないわー。しなきゃいけない時が多いけど。

多いからこそ、たまのチャンス日はささっと退社。

残業している自分に酔っている人がたまにいるけど

それって仕事できるってわけじゃないからね。

出来る出来ないの判断基準にはならないよ。

 

短い足をできるだけ早いこと動かし、目的地へ走る。

こんな時、足長が羨ましくなる。

信号が走っても間に合わず直前で赤に変わる。

待つ余裕が無いと、わざわざ地下道へ走ったが

何故か上りだって書いてあるルートから

多量の人間が降りてきて行くては阻まれる。

地上に出たら、信号がもう一周して点滅中だった。

 

無駄な運動!

 

目的地にはギリギリ5分前に到着。

 

ホット一息。

普通に行くより腹空いた。

カロリー使った。貴重なエネルギーを消費。

 

のんびりしてから考えると

いやー焦っていた時の対応は嫌な奴だったな。

ぶつかってしまった方々、

二度と会うことはないかもしれませんが

ごめんなさい。

機敏な動きができませんでした。

 

会社でもちょっと冷たい対応しちゃったかな。

ごめんなさい。

 

はやく帰る予定があることをもっとスマートに伝えられたらな。

以前こんな本を読んだ。

まさにこれだと思って、見つけた時はすぐ読んだ。

 

言いにくいことを上手に伝えるスマート対話術

言いにくいことを上手に伝えるスマート対話術

 

 けど、なかなか意識するのは難しいね。

自分に余裕がないと素なんだろうけど

冷たい一面を見せてしまうよ。

昔は怖くて話しかけられないと

人づてで言われたことも言われたこともあったな。

 

もっと大人になって、

ヨユーのあるとこ見せてかなくてはね。

 

さてさて、夕飯作ろ。

広告を非表示にする