読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れれれらいふ

れれれのれーと言いながら笑って暮らしたい。

そこでいうのか

祖母が入院した。

グループホームでは頻繁に会いに来るよう言われたので、先日の退院からは訪問介護時と変わらず、ほぼ行ける週は面会に行っていた。

職員の人が祖母の横で

もう長くないから、きてもらって良かったね

とよく言っていた。

 

自分だけならともかく、なぜ祖母の横で言うのだ。

次に言ったら、指摘しようと思っていた矢先だった。

 

夜間見まわりで亡くなっている人を見つけるのは、職員も嫌だから、危なくなりそうと判断したら入院させる。

 

後半は意味がわかるし、そうしていただきたい。

前半の部分は家族に言うべきところか?

 

この仕事をして長い人らしいが、そういうものなのか?

介護という仕事への自分の理解が足りないのだろうか。。

 

認知症で耳が遠いとしても、本人の横で言ってほしくないと思ってしまう。

 

保育施設で幼児の愚痴を幼児のそばで言う職員もいるという。

愚痴を言うなとは言わないが、言える場所と言うべきでない場所とを理解していないのだろうか。

これは、他の仕事でも同じこと。

客先で客の悪口を言うとか当たり前にしないだろと思うようなことをするやつもいる。

 

当初想定していた以上にしていただいているのは感謝している。

けど、電話やら直接やらで大変さを言ってくるだけで、解決策を提案してくれないのな。

そこは自分でやれって事か。

 

特養を考え始める。

とりあえず、情報集めてコンタクト。

こういう対応をされるのは予想外だったが、祖母が暮らしやすいところを見つけたい。

 

広告を非表示にする